レイクで返せない時は?

「無計画にお金を使いすぎてしまった」「借りすぎてしまって返済が厳しい」「仕事を失った」
「働けなくなった」などといった理由でレイクで借りたお金を返せない時もあるでしょう。
このようにレイクで借りたお金を返せない時はどうすればいいのでしょうか?
まず、真っ先にやらないといけないのがレイクへの連絡です。
返済できない理由を説明して、今後の返済プランを相談してください。
場合によっては、これで毎月の返済額を引き下げることができます。
ただ、それでも難しい場合は司法書士や弁護士といった法律の専門家に相談した方がいいでしょう。
1人で悩むよりもずっと心が楽になりますし、借金問題をスピーディーに解決してくれます。
法律事務所に依頼となると多額の費用がかかるイメージがありますよね?
ただでさえ借金問題でお金に困っているのにこれ以上お金を使うことはできないと考えるのは当然のことです。
しかし、法律事務所の中には無料相談を実施しているところがあります。
内容は各法律事務所によって異なり、初回のみ無料というところもあれば、何度でも無料というところもあります。
着手金も後払いでOKという場合やかかった費用を分割で支払いできる場合もあるので、
みなさんが思っている以上に利用しやすいはずです。

 

 

 

債務整理におすすめの法律事務所ランキング

 

 

 

 

レイクって?

CMでお馴染みのレイクは新生銀行のカードローンサービスです。
消費者金融と比較すると金利が4.5?18%と比較的低く、安心して利用できると評判です。
借り入れする金額が大きくなればなるほど金利が低くなるというシステムを採用しています。
融資可能額は1万円から500万円までと幅広く、様々な人のニーズに応えることができます。
基本的に仕事をしていて安定した収入を得ている満20歳?満70歳の方であれば、どなたでも利用することができます。
契約額が100万円を超えない限り、本人証明書だけで借り入れ可能です。
100万円超える場合、自営業者の場合は収入を証明できる書類が必要になります。
さらに担保や保証人も不要なので借りようと思えばすぐにでも借りることができます。
ホームページにあるお借入れ診断をすることで、自分が借り入れできるかどうか確認できます。
入力する情報は生年月日、本人年収、他社からの借入れ件数、現在の他社借入れ金額のみです。
たったこれだけの情報を入力するだけで、すぐに診断することができ、借入れ可能なら審査に通る可能性が高いです。
ただし、あくまでもお借入れ診断は簡易診断なので、この結果が絶対という訳ではありません。

 

 

レイクのメリット

レイクのメリットは急いでいる時でもすぐにお金を借りられることです。
インターネットからなら24時間いつでも申し込みができるので、急にお金が必要になった場合にとても便利です。
審査がスピーディーで平日14時までに全ての手続きが完了すれば、即日融資も可能ですし、
パソコンからだけではなく、スマートフォンやケータイからも申し込みができます。
このようにスピード借入れをできるというのがレイクの最大の特徴だといっていいでしょう。
さらにレイクでは2つの無利息ローンを提供しています。
初めてレイクでお金を借りる場合、「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」のどちらかを利用することができます。
5万円まで180日間無利息の適用契約額は1万円?200万円まで、30日間無利息は1万円?500万円までとなっています。
どちらがいいのかはその人次第になるので、じっくりと自分に合ったタイプを選ぶようにしてください。
短期間で返済する予定なら30日間無利息の方がお得ですし、
長期的な返済を希望するなら5万円まで180日間無利息を選択された方がいいかもしれません。
レイクATMや提携ATMで借入れ・返済をする場合に手数料は一切かかりません。
無料で借入れ・返済できるので無駄なお金がかからないというのもレイクを利用するメリットです。

 

 

レイクのデメリット

レイクのデメリットは上限金利が18%と一般的な消費者金融と変らないことです。
消費者金融のカードローンなら特に気にする必要はありませんが、レイクは銀行系のカードローンです。
銀行系のカードローンの場合、15.0%以内というのが普通なので、レイクの金利は高いといっていいでしょう。
長期的な借入れを希望するなら、他の銀行系カードローンを利用した方がお得です。
この金利の高さは致命的なデメリットだといえます。
またレイクは消費者金融や信販系のカードローンとは異なるので、
年収の3分の1しか借りることができない総量規制の影響は受けません。
これはメリットでもありますが、デメリットでもあります。
金銭感覚がしっかりとしている人なら特別問題ありませんが、お金にルーズな人だと借りすぎてしまう可能性が高いです。
消費者金融だと総量規制の影響で上限に達すると借りられなくなりますが、
レイクのような銀行系のカードローンだと借りることができてしまうので、どんどん追加融資を受けてしまう可能性があります。
気付いたら返済できないような金額に膨れ上がってしまうことがあるので注意が必要です。
レイクのこういったデメリットを理解してから利用するようにしてください。

 

 

レイクで返済が遅れる時は?

レイクでお金を借りたけど返済が遅れそうになった場合はどうすればいいのでしょうか?
ここで一番やっては駄目なことはそのまま何もしないことです。
「1回くらい大丈夫だろ」という軽い気持ちで返済を延ばしてしまう人もいますが、これは絶対にやめてください。
確かに1回遅れるくらいなら今後も利用することができますが、その1回で確実に信用が落ちています。
何年間も返済を続けてきた人がたまたま1回返済を忘れてしまっただけならまだいいですが、
契約して間もない人だと印象が非常に悪いです。
これは借入れ上限をアップさせたい場合にマイナスになります。
また一度返済が遅れるとその後、クセになって何度も返済を遅らさせる人も多いです。
そうなるとレイクのカードローンの利用ができなくなる可能性も出てくるので注意しましょう。
信用を失わないためにも遅れそうになった場合は必ず連絡をするようにしてください。
こういった理由で遅れて、この日には確実に支払いができるという旨を伝えるようにしましょう。
このたった1本の電話が信用問題に大きく影響を与えるので、万が一遅れそうになった場合はすぐに連絡するというのを覚えておきましょう。
また、期日までに返済ができないからといって他社から借りて、そのお金を返済に充てるのはやめてください。

 

 

レイクを利用する時の注意点

レイクは銀行系のカードローンの中でも比較的借りやすいといわれています。
きちんと仕事をしていて安定した収入があるのなら、基本的に審査に落ちることはありません。
また消費者金融並みに審査が早く、スピーディーな手続きをモットーとしているので14時までに全ての手続きが完了できれば即日融資も可能です。
他の銀行のカードローンを利用するよりも簡単に借入れできるのがレイクの強みです。
しかし、この借りやすさがレイクを利用する際の注意点です。
働いていればどなたでも申し込みができるので、アルバイトやパートでそれほど収入が多くない人でも簡単に借りることができます。
銀行系のカードローンの中には年収に条件を定めているところがありますが、レイクの場合はありません。
さらに総量規制の影響を受けないので、年収の3分の1以上の借入れもできてしまいます。
そのため、自分の返済能力を超える借入れをしてしまう危険が高いです。
そして、レイクは消費者金融と比較すると金利が低いかもしれませんが、銀行系のカードローンの中だと高い部類に入ります。
レイクの金利はアコムやモビットといった大手消費者金融と同じくらいです。
長期的に借入れをする場合、金利が高いとその分、多く支払いをしないといけません。
短期間の借入れなら無利息期間もあるのでおすすめですが、長期的な借入れを検討しているなら損をするので、
金利が低いみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などのカードローンを利用した方がいいでしょう。

 

 

 

レイクに返せないときにおすすめの法律事務所

ウイズユー司法書士事務所の評判

フェア&スクエア法律事務所の評判

岡田法律事務所の評判

樋口総合法律事務所の評判

 

 

掲載について

このサイトにリンクしていただいたページランク 1 以上、発リンク数 100 以内のサイトは、新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

 

新着

 

トップページ紹介サイト

この続きは サイト集 グループ 1 で紹介しています。

 

 

岡田法律事務所